新しいことを始めるには

あなたが新ことを始めたいとしたら

まず

「自分が何をするのか」を決めることです。

っと人は言います。

じゃあなにをしようかな??

あれもやりたいし・・・

これもやりたいし・・・

私にはこれが向いているかもしれないし・・・

こっちに向かっていこうかな・・・

こんな感じで進んでいこうかな?

こう考えちゃう人・・・・

危険です!!!!!

何故なら、多くの場合この考えを持っている人は

今やっていることに行き詰まると

すぐにやることを変えてしまう傾向にあるんです

そして、まだ何かをやっているなら

まだいいかもしれないですね・・・・

私には何が向いているんだろう・・・

私に何ができるんだろう・・・

残念な事にそう考えて何もできない日々をぐるぐると過ごしてしまう人と

そんな人たちと私は、多く出会ってきました

これは、本当にきつい!・・・

本人もきついでしょうし、見ている方もきつくなってきます

応援したいけど、どう応援したらいいかわからなくなっちゃいますからね

このサイクルから抜け出そうと考えるのなら

一度考え直して見ましょう

どこから?

それは・・・最初からです

冒頭でもありましたがあなたがまず最初に考えるのは↓のことだと思います

【「自分が何をするのか」を決めること】

もし、あなたが何かをしようとしたいなら

まず、「なにをする」を考えるよりも

「決める」こちらにフォーカスを向けて見られてください

「なにをする」→外にフォーカスが向いています

「決める」→自分の中にフォーカスが向いています

人は自分に足りないものを周りに求めてしまう傾向があります。

ですので、外にやることを求めてしまいがちなんです

実はこの外にあるものの中にも抜群にマッチするのもあります

ですが、それに巡り合う人はごく1部だけだと理解した方がいいかもしれません

何故ならその巡り合う可能性は本当に低いものだからです

それよりも、自分の中に答えを見出す方が随分建設的なんです

その理由をゆっくり解説していきます

1-1答えを求める人の性

1-2いったいそれは誰のせい

2-1どこに答えを求めればいいの

2-2どこに答えがあるの

3-1まとめ

1-1答えを求める人の性

人は答えを求める生き物だと言われています。

答え=正しい

こんな考えになっちゃいますよね

人は正しいことが大好きなんです!!!!!!!

こうする生き方が正しい

こうするのが正しい

正しい・・・・正しい・・・

こんな生き方にとらわれてしまいがちです

キッツイですよね・・・

でも実はこれは仕方ないことなんです

1-2いったいそれは誰のせい

実は、僕たち日本人は答えのある中で正解を見つける能力は

全人類の中でピカイチです。

僕たちはずっとそのトレーニングを行ってきました。

ずーっとずーっとです

えっどこで??ですか?

それは・・・

学校です!!!

学校時代を思い出してみてください

学校であなたに最も聞かれる質問はなんだと思いますか?

それは、、、

◯◯◯さん「答えはなんですか?」

◯◯◯くん「答えがわからないんですか?」

毎日毎日刷り込まれます。

幼稚園、小学校から中学校をへて高校・・・そして大学へ

だいたいですが

約20年刷り込まれるわけです

お、恐ろしい・・・

そしていつの日か

答えを知らないといけないんだ

答えを見つけれないことはいけないこと(劣っているんだ)なんだ

こう思ってしまうんです

これは、本当に苦しい・・・

苦しいですが、

今日本の多くの方が同じ悩みを抱えているんです

2-1どこに答えを求めればいいの

じゃあどこに答えを求めていけばいいのでしょうか・・・

え、私はどうすればいいの?

今から何をすればいいの?

これは私にはできないかもしれない・・・

これは私にはむいていないかもしれない

この泥沼にハマっちゃうと苦しい・・・・

そんな泥沼から抜けるには、

月並みですが、

答えはあなたの中にあります!!!!!

つまり

正解を見つける能力よりも

正解を生み出す能力に磨きをかけていくことが突破口となってくるわけです

その第一関門が

「決める」ことなんです

2-2どこに答えがあるの

では何を決めたらいいんでしょう???

実は、あんまり難しく考えて欲しくないところです

でも本当にこれは難しい話じゃないんです

心を開いて考えて見ましょう

あなたのやりたいことってなんですか?

本当はどうしたいですか?

それができたらどんな気持ちがしますか?

あなたの中に答えが必ずあります!

3-1まとめ

答えを見つけるにはあなた自身をみる必要があります

あなた自身を見つめるには・・・

何が必要だと思いますか?

例えばなんですが

あなたは、自分の眉毛の形を自分で見ることはできますか?

どうでしょうか???

ちょっと頑張っていただいたあなた・・・

ありがとうございます

そうです・・・

どうやってもできないんですよね

自分の眉毛を見るには

鏡が必要なんです

しっかりあなた自身を見つめる

そんなワークを体験したい方は、

ぜひメッセージを送ってください

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
​お問い合わせはこちらから!24時間以内に返信いたします
2017​©︎どきどきcompany