効果的なブランディングとは

あなたは「ブランディングってなに?」と聞かれて、自信を持って「これですっと」答えられるでしょうか?

個人でビジネスをされる方は、よく聴きますよね

言葉の意味としては

brand=信用・信頼

など認知はされていると思います。

ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。(wiki参照)っとあります。

ここからも推測できるのですが、実は正しいブランディングっというのはないんですよね。

情報の発信者のエッセンスによって、ブランディングの意味が幅広く変化してきます。

マーケティングに関わる人はよく聞く言葉だと思いますが、

人によって理解がずれていることも多く、ちゃんと他人に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

ブランディングは、正しくおこなうことで長期的な利益を得られる、企業の飛躍にとってとても重要な戦略です。しかし、そもそもブランディングを正しく理解できていないと、間違ったことに時間とお金と労力を割くことになってしまいます。

この記事では「ブランドの定義」を理解し、ブランディングとはどういうものなのか、どのようにするのかを要約してご紹介します。

1-1ブランディングとは

1-2企業ユーザーにとってブランドの価値

2-1ブランドを構築する前に

2-2ブランディング手順

3-15感で感じるブランディング

3-2まとめ

1−1ブランディングとは?

簡単に言うと、「共通のイメージをユーザーに持たせる手法の総称」です。 名前、ロゴ、コピー、ポジショニングや製品デザインなどはすべて、あるブランドに対して共通のイメージを持たせる手法=ブランディングのひとつです。

よく見るものですと、この一つだけをブランディングっと称して提供しているサービスは多いかもしれないですね。