Design

June 15, 2017

 

 

デザインは、

ものごとをより良くする」っといった意味がありますが、

時代の流れで、大きく変わってくるものです。

 

「流行」という言葉もあるように、

流れて行くものですね。


洋服で例えるとわかりやすいかもしれないですね。

洋服のデザインというのは、もっとも流行の変動が激しいものです。

どのように見られれば美しく、可愛く、かっこよく、スタイリッシュに見えるか。

そのような、試行錯誤が日夜行われています。

 

 

 

 

僕自身も、

かつてアパレル業界に勤めていたこともありますが、

洋服の流れは、社会の流れだ!っと教えられたことがあります。

 

 

今思えば、

社会の心のあり方が、洋服となって人の心を投影しているのかもしれないですね。

 

 

 

洋服のデザインを一つ取っても、

多くの優秀なデザインや、全く認知されないデザインなど

多岐に渡るのですが、

 

 

 

 

実は、あまり知られていないデザインを扱うにあたって

5つの認識すべき枠組みがあります。

 

 

 

 

 

・デザインの認知度を左右するには(Perception)

・デザインから学び取ってもらうには(Learning)

・デザインのユーザビリティを強調するには(Usability)

・デザインの訴求力を高めるには(Appeal)

・デザインをうまく決定するには(Decisions)

 

 

 

これらは、

デザインをして行く上での前提になります。

 

ポイントとしては、

5つ全てを兼ね揃えたデザインを作ることは難しく、逆に多くの時間を浪費してしまいます。

それは、少し勿体無いですよね・・・

 

 

1つ、や2つに絞って作成されると非常に

消費者や、ユーザーに伝えることができる効果的なデザインが完成されます。

 

このブログでは、

このデザインの前提を兼ね揃えた上で、

多くの事柄を紹介していきます。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

僕の好きなあれです

September 23, 2017

1/10
Please reload

Recent Posts

September 23, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
2017​©︎どきどきcompany
​お問い合わせはこちらから!24時間以内に返信いたします