赤の効果

June 14, 2017

こんにちは、大瀬です。

今日は、におけるアプローチをご紹介させていただきます。

 

人は、多くの情報

得ている情報の80%を目から取り入れていると言われています。

視覚にアクセスする「」っという観点で

今回のブログは紹介させていただきます。

 

 

赤という色は、動物界全体を通じて、メスの繁殖能力やオスの優位性を伝える重要な役割を演じています。そして人間はある種の状況下では、赤い色に影響されると言われています。

 

例えば赤い唇や、赤みの差した頬など見える形で現れるが、これらの合図は見分けがつくことができないため、

文化の違いはありますが、これらの部位を頬紅や口紅などの化粧品で際立たせることもありますよね。

 

 

そして、面白い実験データがあるようです。

例えば男性の被験者に違う色の服を着た女性の写真を見せつけると、彼らは赤をまとった女性に惹きつけられ、ほとんどがそちらの女性をデートに誘いたいとし、費やすデート代も2倍になると言います。

 

同様に、TPOに適した赤の衣装、例えばパワータイを身につけた男性は、より優越して見え、赤を身につけていない同僚よりも魅力的に映るようです。

 

 

 

 

 

赤の効果というのは、広告デザインやプロダクトデザインに取り入れると非常に効果を得ることができます。

人々の注意を惹きつけ、商品にセクシャルな魅力を付加したい場合は、赤を身にまとった女性を登場させると良い。パワーや権限を伝えたい場合は、赤を身につけた男性を登場させると良い。

 

 

赤の効果の優位性は、状況に応じて変わりますが、女性のセクシャルな魅力に関わる商品やアクティビティ(衣服など)男性なら男性の優位性に大きく関わる商品やアクティビティ(スポーツ用品など)には、広く効果的です。

 

このように人は視覚から多くの情報を取り入れて、

無意識に多くを感じ取っています。自身をアピールするときには取り入れたいですね。

 

自分が周りからどのように見られてるか気になりませんか?

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

僕の好きなあれです

September 23, 2017

1/10
Please reload

Recent Posts

September 23, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
2017​©︎どきどきcompany
​お問い合わせはこちらから!24時間以内に返信いたします